下野市グリーンクラブのご紹介

下野市グリーンクラブは、初代会長と数人の有志がグリーンタウンしもつけの街に高齢者の会を作ろうと、 合併前の南河内町の区域内で賛同者を集め、平成4年8月に『南河内町グリーンクラブ』として 会員数60名で発足しました。平成18年1月に南河内町・石橋町・国分寺町の町が合併し、下野市となった事を機に、 現在の『下野市グリーンクラブ』と改名し、会員数は160名余となりました。創立以来、毎月「グリーンクラブだより」を発行しています。

[活動内容]
  • ボランティア(学校・幼稚園での昔遊びの指導、地域の清掃等)
  • サークル活動(スポーツ系7サークル/文科系6サークル)
  • その他(季節の行事、旅行など)
[会員の資格]

下野市祇園1~5丁目、緑1~6丁目、医大前3~4丁目、鳥ヶ森1~2丁目にお住まいの
男女、60歳以上の方

グリーンクラブだより2017/08/10 更新

クラブだより創刊300号達成!!

会 長 W・Y

 皆様もご存じのようにグリーンクラブではクラブ創設以来、会員の皆様の投稿ご協力により機関誌として毎月1回クラブだよりを発行し、会員はもとより関係諸団体へお届けしてきました。
 今8月号クラブだより発行で創刊300号という偉業を達成しました、300という数字は月1回 年12回の発行で、しかも一度も休刊することなく連続発行をして、25年という輝かしい歴史の数字を作り上げたことになります、この偉業達成の大きな要因は ①会員皆様の積極的な投稿協力、②発行を取り仕切る歴代編集部員各位のご努力、③歴代会長のリーダーシップ があって成しえた成果の賜物です。
 他のクラブでは会報の発行はほとんどなしか、年1~2回、多くて4回発行ということで300号連続発行という数値が、いかに大きな偉業かを証明しています。
 これにおごることなくこの記録をさらに更新するために、以前にもまして会員皆様の投稿ご協力が必要ですので、全員で頑張っていきましょう。
 さて、1年で最も暑い月の8月を迎えますが、クラブ行事として創立25周年式典、祝賀会をコミセンホールにて開催します。また、お達者クラブ盆踊りやSP講座などのボランティア活動や市スポーツ大会の開催などもありますので、健康に留意していただき多くの皆様のご参加をお願いいたします。

♪ 今月の歌 ♪
  「おお牧場はみどり」

作詞:中田 羽後 作曲:チェコ民謡

1.おお牧場は緑  草の海 風が吹く
  おお牧場は緑  よく茂ったものだ ホィ
※ 雪が解けて川となって 山を下り谷を走る
  野を横切り畑うるおし 呼びかけるよ私に

2.おお聞け歌の声  若人らが 歌うのか
  おお聞け歌の声  晴れた空のもと ホィ
※  繰り返し

3.おお仕事はゆかい  山のように 積み上げろ
  おお仕事はゆかい  みな冬のためだ ホィ
※ 繰り返し

クラブ創立25周年式典・
   祝賀会開催のご案内

会長 W・Y   ※1

 会員の皆様にはすでに例会、会報等でお知らせしましたが8月に当クラブは創立25周年を迎えます、25周年式典実行委員会で式典の内容を検討し詳細が決定しましたので、ご案内いたします。
 今回の式典は30周年式典の中間での開催ですので、記念誌の発行は関係諸団体代表者の方の祝辞掲載と過去5年間の活動紹介、式典祝賀会の内容、協賛事業者さんの掲載にとどめ発行いたします。
 式典費用の大半を会員さんへの祝賀会費用に費消し、会員の皆様に喜んでいただけるような飲食物の用意やお楽しみ企画を計画しましたので、多数の会員さんのご参加をお願いいたします。

・ ささやかですが創立記念品を用意いたします。
・ 記念誌は9月に発行し配付いたします。
・ 会食会はケータリング方式でテーブル、椅子にての会食です。

ボランティア活動と地域活動の掲示板

 ※2

<ドイツ大学生と昔遊び>
 今年もミュンヘン大学生が7名(男4人、女3人)やってきます。すっかりお馴染みになった「昔遊び」を楽しみにしているようです。

 大学生  7名+日本語ボランティア講師
 種 目  ①お手玉 ②カルタ ③折り紙 ④射的
      ⑤水鉄砲 ⑥コマ廻し(紙コマ、逆さコマ) 
      ボランティア5~10名の参加をお願いします。

<お達者倶楽部 納涼会>
 恒例の南河内診療所での「納涼盆踊り」にグリーンクラブの皆様多数の参加をとご案内がありました。
 たくさんの参加をお願いします。

<南河内児童館まつり>
 子供たちと一緒に楽しいひと時を過ごしましょう。

 内 容  割りばし鉄砲作りと的あてゲーム大会
      ボランティア10名の参加をお願いします。


※1~2 の日時 ・ 場所 ・ 費用 など、詳細はグリーンクラブまで …

助成金ありがとうございました

 

 下記の自治会様より助成金をいただきました。

   緑2丁目自治会   緑4丁目北自治会

 グリーンクラブの活動に役立たせていただきます。

7月茶話会に感動!!

W・Y (緑3)

 7月茶話会はチェロ奏者の生演奏会と原爆被災の悲惨な体験紙芝居の口演がありました、ふだんなかなか経験できないチェロ奏者の生の演奏を聴いて平穏な気持ちになれたこと、それに反して同じ生でも口演で戦争の悲惨さを実感したことの感動です。
 今後もこのような企画をして頂く事をお願いするとともに、参加されたことのない会員皆様もぜひ一度茶話会に参加されて、楽しいひと時を過ごすことをお勧めします。

7月茶話会に参加して

T・A

 12日茶話会のイベント(チェロ演奏と紙芝居)に参加させていただきました。
 紙芝居「高橋久子物語」をPC教室のH先生の語りで聞かせていただき、感動しました。
 高橋さんにとって生涯忘れる事のない悲しい出来事だと思います、そして戦争を知らない世代にも戦争の悲惨さを伝え続けることの大切さを実感しました。
 どうぞこれからも健康に気をつけて活動されることを願っています。

高橋久子さんへ感謝

H・H

 竹田先生の素晴らしいチェロの音にとても感動しました。誰もが知っているポピュラーな曲を弾いてくださり、メロディーを口ずさみながら聞き入っている会場の様子が微笑ましく思えました。
 初めて皆様の前で紙芝居を読ませていただき、「高橋久子さんのお気持ちを少しでもお伝えできれば」という一心で読ませていただきました。
 広島の原爆の悲惨さ、そこにいた人々お一人お一人の気持ちに思いをはせる機会を頂き、高橋さんに心より感謝しています。
 これからもっと広島の原爆について勉強し、子供たちに伝えてゆきたいと思います。

南河内地区 『輪投げ大会(団体戦)』

担当  T・T

 去る6月27日南河内地区輪投げ大会が(下野市大会予選会)実施されました。上位6組が下野大会出場権となる大会ですので緊張感が違いました。当クラブは A、B 組を編成して2組の入賞を目指し頑張りましたが惜しくもB組は入賞を逃しました。
 A組 : 準優勝(877点)メンバーをご紹介して入賞を称えたいと思います。
      T・H   C・S   K・M   N・H   T・M

『交通安全輪投げ大会』の報告

担当 T・T

 毎年恒例の 『交通安全輪投げ南河内地区大会』 が7月6日南河内体育センターで開催されました。(下野警察署、下野交通安全協会の共催)男女60数名くらいの出席で年々参加者が減少する傾向です。我がクラブからはA、B 2組が参加しました。
 最初に県警生活安全企画課長のあいさつの中では「高齢者の交通に関する注意」競技終了後の集計中は下野警察署交通安全課長からは最近近くでも発生している「詐欺」に関する防止の講和がありました。電話があったらすぐ通報、相談してほしいとの事です。
 競技の結果は、男女各3位までの表彰があり当クラッブの入賞者以下の通りです。
 優勝: U・Y   第3位: N・H   女性の入賞者はありませんでした。

第165回 ゴルフコンペ報告

K・G (祇園3) 

 さる7月10日(月)に、グリーンクラブ第165回ゴルフコンペを開催いたしました。場所は 「もおか鬼怒公園ゴルフ倶楽部」 において、14名の精鋭がそろい午前8時30分に1組目がインコースよりスタートして行きました。当日の天候は午前中晴れで気温29度、午後も晴れて気温33度程度となりましたが、1.5m/s程度の風があったために、暑い中でも1名の落後者もなくプレイを終了することができました。
 成績は下表のとおりです。
 

         
順 位参加者名OUTコースINコースGROSSHDCPNET
優 勝W・K41418214.068.0
準優勝Y・Y49449324.069.0
3 位M・M4038787.071.0


 優勝者のW ・ K (85歳) さんは、グロス(GROSS) 82 の打数でホールアウトしエージシュート (自分の年齢以下の打数でホールアウトすること) を見事達成いたしました。今後も益々のご活躍を期待しています。  8月、1月、2月の開催 (原則各月の第2月曜日開催) はオープン参加のコンペとして開催する予定(ハンディは「新ぺリア方法」) となっています。グリーンクラブの会員以外の方も参加できますので、知人等の方に声をかけて頂き、参加希望者はゴルフ部長までご連絡をお願いいたします。

運と実力の夏季大会

雅の会 担当 T・H

 7月13日、雅の会恒例 「夏季麻雀大会」 が開かれました。当日病欠者を除く全員が集合、コーチ役代理のベテラン N さんのお手伝いを受け、何とか3卓席揃う事ができました。ルール説明後、9時40分 第1回戦スタート。皆真剣な顔、雑談はありません。勝たず、負けず嫌いの私も気を引き締めて取り組みました。アットいう間に1時間10分経過、1回戦終了となりました。ベテランの T さん、S さんいつもの調子です。いつもは好調の Y さん、サッパリ。M さんマイナス点が少なかったですね。集計後、再度席割の籤引き、これで運が変わる人もいるでしょう。11時 第2回戦スタート。
 又、静かになりました。聞こえるのは牌の音、チーポンの声、時の経つのに従い雑音も聞こえてきます。M さん、S さん、幸運の女神に見離された様です。チラッと横目で見ると大分、点棒が減っていました。12時10分、2回戦終了。順次、集計表に記載しますと僅か1,000点差でベテラン T さん優勝。準優勝は S さんでした。3位は K さん何とか頑張りました。皆さん、お疲れ様でした。

南河内児童館の防犯教室で昔遊び

担当 Y・H

 例年の警察OBボランティアによる 「防犯教室」 は幼児とお母さんたちの参加で行われていましたが、今年は本日(7月21日)から学校が夏休みになり小学生も参加しての行事になりました。
 館内では 「昔遊び」。館外では 「水鉄砲」 で大人も子供も一緒に大はしゃぎで、暑い夏のひとときを大はしゃぎで楽しみました。

「国際交流協会ティーパーティーの御礼」

担当 Y・H

<松嶋淑恵語学委員長からのお礼の手紙をいただきました>
 7月16日 日曜日に下野市国際交流協会第4回ティーパーティで、グリーンクラブさんの昔遊び道具をお借りして、日本語教室の受講生や下野市に縁のある外国人の方と下野市民のみなさんで交流を深めました。日本語教室は、下野市国際交流協会の日本語講師ボランティアが外国人の方に日本語を教える活動です。今回のパーティでは、日本語教室の受講生を含めた、中国やベトナム、タイ、パキスタン、ドイツなどの出身の方が参加してくださいました。よちよち歩きの小さいお子さんや小学生の参加もあり、文字通り老若男女が集いました。
 夏のティーパーティは日本文化をテーマにしており、昔遊び道具をお借りするのは実は今年で2回目です。射的、けん玉、ベーゴマ、お手玉、逆さこま、めんこ、だるま落としなどをお借りしました。去年に引き続き2回目の参加の外国人の方は、上手な遊び方を覚えていて、たとえばだるま落としを叩くコツを心得ているようでした。外国人の参加者のみなさんからは、「中国にも似た遊びがあります。」、「お手玉がとても楽しかったです。」、「日本のことを知ることができて勉強になりました。」 などの声が寄せられました。
 また、子どものころに遊んで以来のベーゴマを懐かしそうに回す参加者の姿も見られました。そして、今となっては珍しくなった昔遊びに、子どもたちも興味津々。国や文化、年齢を超えて、日本の昔遊びをとおして、教えあい、楽しみあい、笑いあう素敵な会になりました。

 このたびは、昔遊び道具をお借りできて本当に助かりました。ありがとうございました。

※こちらに掲載の情報に関するお問合せは、
info-greentown@scm.or.jp までお気軽にご連絡ください。

制作・運営 一般財団法人 首都圏ケーブルメディア